4月は純真無垢

あんまり長い文章は書けない。ほぼ不妊治療に関すること。

採卵のときのこと

採卵した直後にもブログを書いたけど、痛かった、しか書いてなかったので、あの日のことをもう少し詳しく書いておく。

 

成育Cでは、7時半に入院手続きをする。

一般の受付は8時半開始だから、夜間口から。

そのまま11階の病棟に案内される。

病棟は清潔感があって、病室は個室で広くて快適だった。

入院申し込みの際、パジャマとスリッパ持ってきてと書いてあったので持参したんだけど、日帰り入院の場合は不要だった。

 

病室について、採血と血圧の測定。

多分看護師さんが下手な人で、採血のあと内出血してあざになってしばらく消えなかった、、

あのアンパンマンのおじさんはすごく上手だったなぁ、、

8時40分頃呼ばれて、服はそのまま、看護師さんに案内されてオペ室に。

いつもの担当医の先生がオペ着で待機してる、、めっちゃ手術やん、、

結局服装は私服のまま、いつものように下だけ脱ぐ。

他の病院だと手術用のオペ着を着るとかブログで読んでたから、めちゃタイトなパンツ履いていってしまった。

 

そして手術台に。

いつもの診察時の椅子は、太ももを支える形で力を抜いてリラックスできるんだけど、手術室のものは、足の裏を置いておくものだったから、体勢が結構辛かった。

多分、出産する人もこれなんだろうなー、出産のとき踏ん張れるように、足を置くスタイルなのかなー、とか思った。

心電図の電極?をつけて、いよいよ採卵開始。

 

局所麻酔を膣に打つ。痛いけど、まぁこれは想定内。

採卵用の針を刺す。痛いけど、最初はまぁ耐えられるかな、、と思ってた。

でも、卵胞の数が多く。。。片側何回ずつ刺されただろう。軽く10回は超えてると思う。

成育Cでは診察の時もそうだけど、患者側にモニターがない。だから超音波の映像を見ることはできないんだけど、どうやら刺してもうまく卵胞が吸い込めないこともあるようで「入ってますか?」「入ってない」「もう一回刺しますね」みたいなやりとりをするわけよ。

頼むから一発で入れてくれ!!!!それか強い麻酔をくれ!!!と思ってた。

だんだん耐えられなくなってきて、心拍も上がって、涙がポロポロ出てきた。

片側が終わった時の、「え、まだ半分しか終わってないん。。。」の絶望ったらなかった。

 

なんやかんや、20分くらいで終了。

術後歩けない人もいるのか、車椅子を用意してくれてたけど、普通に歩けたので歩いて病室へ。

 

病室に戻って、朝買っておいたサンドイッチを食べた。

2時間ほど安静にするようにと言われてたので、寝た。起きたら看護師さんいてビビった。

 

11時すぎに退院診察。

内診をして、とれた卵子の数を聞いて、また病室に戻る。会計準備ができたら看護師さんが呼びにくるとのことで、待機。

その後なかなか呼ばれず、12時半過ぎに呼ばれて、会計が終わって、13時前に退院。

この日のお会計は、入院、媒精費用込みで28万円ほど。やっぱ採卵高い。4月だけで医療費50万超えてますからね。凍結費用とかもあるし。

 

採卵終わったらお酒飲むんだあ!と思ってたけどそれから3日ほどは卵巣腫れてるしお腹痛いしで体調悪かったな。

 

 

そんなところかなぁ。

あんなに直後に「もう死んでも採卵やらん」と思ってたのに、少し落ち着いて「また頑張れるかも」とか思ってるから人間すごいね。

でも2回目の採卵をするときは転院するかもね。。